挨拶 > 烏竹軒(オジュコン)

본문 바로가기

挨拶

본문

烏竹軒/市立博物館を訪ねてくださり、ありがとうございます。

江陵(カンヌン)は昔から探勝者の足が絶えなかったところです。
白頭大幹と東海がもたらした関東地方の美しい風景を見るための足は、師任堂(サイムダン)と栗谷(ユルコク)先生を敬慕する人々の足に続きました。
2007年、師任堂(サイムダン)が貨幣図案人物に選ばれてからは、「世界初の母子貨幣人物の誕生地」という修飾語とともに世界の人々の足も加えられました。

烏竹軒(オジュコン)では、黒い竹の風に揺れる音が
庭いっぱいに座り込んだ午後、日差しの緩やかさを全身で感じられます。
歴史を観照しながら、さらに自分の人生を深く覗き見る余裕も、ともに受けるようになるでしょう。

烏竹軒(オジュコン)の文成祠(ムンソンサ)境内をくぐると、江陵(カンヌン)人の心性に似た、優しい姿の韓屋(ハンオク)の建物で建てられた市立博物館にたどり着きます。

先史時代から今日まで、地政学的、人文社会環境に合わせ、特徴的に形成されてきた江陵(カンヌン)文化の面々をお見せできる空間です。
市立博物館は、遠い昔、江陵(カンヌン)に住んでいた人々の心を持って、大切な江陵(カンヌン)の歴史と文化の話を皆様にお伝えいたします。

博物館を抜け出る、動線の端には、
2016年11月に開館した栗谷(ユルコク)教育館があります。
デジタル展示体験ができる場所であります。
楽しく遊びながら、自然にソンビ(学者)文化、
申師任堂(シンサイムダン)と栗谷李珥(ユルコクイイ)先生の人生と芸術の世界を、デジタル展示体験を通して、人性形成に少しでも足しになればという趣旨で、運営する空間です。

烏竹軒(オジュコン)/市立博物館は皆様のお越しをお待ちしております。
SNS共有