江陵(カンヌン)市立博物館 > 烏竹軒(オジュコン)

본문 바로가기

江陵(カンヌン)市立博物館

본문

歴史遺物や陶器、古文書、典籍、書画類などが展示されている。
旧石器時代の遺物では、発翰洞遺跡、新石器時代の遺物では、ジギョンリ遺跡、青銅器時代の遺物では、坊內里(バンネリ)、浦南洞(ポナムドン)遺跡、初期鉄器時代の遺物では、江門洞(カンムンドン)、柄山洞(ビョンサンドン)遺跡から出土された遺物が展示されている。
原三国時代の遺物では、大規模な集落遺跡として、原三国時代の住居様式だけではなく、生活様式も知る安仁里(アンインリ)遺跡の出土物と住居址が復元・展示されている。
古墳遺跡では、新羅時代の古墳である草堂洞(チョダンドン)遺跡が模型に製作・展示されており、仏教遺物では、寒松寺址(ハンソンサジ)石造菩薩坐像が展示されている。
陶器を製作する過程を再現したジオラマの横には、江陵(カンヌン)市、県内里(ヒョンネリ)から出土した高麗白磁と普光里(ボグァンリ) 粉靑磁窯址から出土した粉青沙器片が展示されている。

その前に、臨瀛(イムヨン)誌、戒牒、敎旨、上書、蘭雪軒(ナンソルホン)詩集木版初刊本、洪吉童(ホンギルドン)伝など、江陵(カンヌン)地域に関連する歴史書と文集が展示されており、金剛山(クムカンサン)図、関東八景の他、嶺東地方の書画家である朴基正(パクギジョン)、ファン・スンギュの作品が展示されている。
SNS共有