申師任堂(シンサイムダン)像 > 烏竹軒(オジュコン)

본문 바로가기

申師任堂(シンサイムダン)像

본문

申師任堂(シンサイムダン1504年12月5日(旧暦10月29日)〜1551年6月20日(旧暦5月17日))、又は申師任(シンサイム)。師任堂(サイムダン)申氏は、朝鮮時代中期の文人であり、儒学者、画家、作家、詩人であった。朝鮮時代中期の性理学者兼政治家の栗谷李珥(ユルコクイイ)、画家の李梅窓(イメチャン)の母である。江原道(カンウォンド)江陵(カンヌン)出身で、本貫は平山である。本名は、「申・インソン」とも言うが、明確ではない。「師任堂(サイムダン)」は彼女の堂号である。

義祖父の李思溫(イサンオン)と、己卯士禍(派閥争い事件)で官職を諦めて郷里に隠居した父の申命和(シンミョンファ)から性理学の教育を受けていた。父には息子がいないため、父が亡くなってから、京畿道(キョンギド)坡州(パジュ)の家と、江原道(カンウォンド)江陵(カンヌン)の実家を行き来しながら、実家の母親に仕えた。

父の申命和(シンミョンファ)は、師任堂(サイムダン)の夫を選ぶ際、条件として思ったのは、家紋や財力ではなく、娘の書画活動を育てることであった。
生まれつきの才能で、すでにかなりの水準に達している自分の娘を、芸術家として導いてくれる人を見つけるのが主な関心事であった。
位の高い権門勢家の中で、新しく嫁いできた嫁が画の描くということは認め難いし、逆に貧しい家では、生計だけでも大変で、絵を描くことができないだろうというのが、父の申命和(シンミョンファ)の思いだった。

娘の才能を育てられる婿を探していた父の申命和(シンミョンファ)が選んだ人物は、李元秀(イウォンス)という人だった。父の申命和(シンミョンファ)を満たした条件とは、李元秀(イウォンス)が母子家庭のもとで、一人子として育ったので、娘を嫁がせても厳しい目に合わせる家族がいないだけではなく、むしろ、師任堂(サイムダン)の母のように嫁がせずに、婿入りも可能だろうという思惑だった。結婚をすると婿が義父の家に滞在する伝統に従って、江陵(カンヌン)で住んでから、ソウルへ引っ越しし、5男3女をもうけた。栗谷李珥(ユルコクイイ)は、申師任堂(シンサイムダン)の三男である。

同時代の女性である文定(ムンジョン)王后、鄭蘭貞(ジョンランジョン)、黃眞伊(ファンジニ)などと比較され、生前でも婦德と良妻賢母の象徴として尊敬され、死後も息子栗谷李珥(ユルコクイイ)の政治的、学問的大成によって、尊敬する母像の典型として末永く崇められた。

絵画、書道、詩が卓越で、性理学的素養もあり、刺繍や布製作にも上手だった。性理学的知識と道学、文章、古典、歴史知識などに詳しかった。胎教から誠意を尽くして、息子の「周文王」を得た賢い夫人「太任(テイム)」を見習う意味で、師任(サイム)と雅号をつけた。後代、女性であることを表せるために、別堂を意味する「堂」を付けて呼び始めた。別号は、姻姙堂(インイムダン)、または姙師齊(イムサジェ)である。

2007年、政府は5万ウォン券紙幣の肖像人物として電撃図案した。壬辰倭乱の時、忠州(チュンジュ)弾琴台(タングムデ)で戦死した申砬(シンリプ)は、彼女の9親等の甥であり、大韓民国の政治家である海公(へゴン)申翼熙(シンイッキ)は14代孫になる。
SNS共有